ドラマに学ぶ

田中麗奈のドラマ「美しき罠~残花繚乱~」の感想は?演技は下手か上手かの評判は?

2016/11/22

さぁ始まったドラマ「美しき罠~残花繚乱~」。

内容はといえば、タイトルからなんとなく想像できるように不倫ドラマです。昼の時間帯じゃないですよ。毎週木曜の夜10時にTBSが送る、美しくもドロドロとした不倫ドラマ。

2015-01-17_065235公式サイトはこちらをクリック!

裏ではテレビ朝日で「DOCTORS3 最強の名医」。視聴率は当然のように二桁を超え、調子良さそうな声が聞こえる中、果たしてこのドラマがどこかで一矢報いくことができるのか、そして不倫の行方には何が待っているのか。

不倫相手の妻と主人公の戦いっぷりが見どころですが、早速ドラマの感想や、主役のヒロイン「西田りか」演じる「田中麗奈」の演技について上手か下手かの評判などをあわせて見てみましょう。

スポンサーリンク

■プロフィール

主演の田中麗奈のプロフィールを少々見てみましょう。

  • 田中 麗奈(たなか れな)
  • 生年月日 1980年5月22日(37歳)
  • 出身 福岡県久留米市
  • 身長 158 cm
  • 血液型 A型
  • 活動期間 1995年 -
  • 事務所 テンカラット
  • 公式サイト TANAKA LENA OFFICIAL WEB SITE

これまでCMや映画に主軸を置いていたように見える田中麗奈。このドラマ「美しき罠~残花繚乱~」は2015年1月期の連続ドラマですが、同時期の連続ドラマ「徒歩7分」(NHK BSプレミアム)との主演2本掛け持ちという形になってます。珍しい。

■視聴率から見てみれば

夫、そして夫と不倫関係にある女性と妻との戦い、その戦いに利用される男性。複雑な、そしてドロドロとした人間関係を描くドラマ「美しき罠~残花繚乱~」。

【TBS公式】『美しき罠~残花繚乱~』大人のキケンな恋愛劇

主演・田中麗奈で始まったこのドラマ、2015年1月8日スタートでしたが、出だしからパワー全開で女同士の戦いっぷりが凄いです。早速その感想はどうだったか、まずは視聴率から見てみましょう。

視聴率

まずは視聴率。
初回はなんと6.0%とかなーり低い数字です。

二桁行かずに一桁。しかも10%に近いんじゃなくて5%に近い数字。しっかりしないと打ち切るぞ!と局のお偉いさんの叫びが聞こえてきそうなこの数字。

裏番組のドクターズは勿論10%超えでした。気になる方は以下の記事を見てみてください。

ドクターズの野際陽子。声の調子が悪くて降板って嘘でしょ?新春スペシャルや2015年シリーズの視聴率はどうだった?

その後も第二話(1/15)7.2%、第三話(1/22)7.5%、第四話(1/29)5.8%、第五話(2/5)4.6%と瀕死の重傷です。それでも第六話(2/12)では7.5%と盛り返しましたが、打ち切りの影が忍び寄るか... あぁ...

キャストが原因?

原作は岡部えつの小説「残花繚乱」。
主なキャストの顔ぶれを見てみれば、

  • 常務の不倫相手でヒロイン「西田りか」:田中麗奈
  • 常務「柏木壮太」:村上弘明
  • 常務の妻「柏木美津子」:若村麻由美
  • りかの見合い相手「落合 圭一」:青柳翔(EXILE)

この4人が繰り広げる複雑な大人の恋愛劇。

さて、この顔ぶれでこのドラマの初回視聴率が6.0%とはどうでしょう?まず感想で言われるのが、キャストが全体的に地味じゃない?といったもの。ちょっとキャストにパワーがなかったか。

別の観点

いやいやそうじゃないでしょ。視聴率については、ちょっと待ってよ、と別の観点の話もあります。

これは言わずと知れた不倫ドラマ。

不倫ドラマといえば、昼ドラに代表される主婦の友。旦那が外で働いている中、ドラマでハラハラワクワクしながら、夫の無事を祈る奥様たち。

そう、奥様たちは見たくてしょうがないのに、この時間帯、家族、とくに旦那さんが一緒にいる時に不倫ドラマが見たい!なんて中々言えないんだ!

と、いうことでしょうがないから録画してあとで見る!という数字なのだ、と力説する向きもあったりと。

視聴率もそのうちリアルタイムの数字から録画も含めたものに変わる、という話もあり、中々数字だけで判断するのは難しくなってきましたね。

実際にドラマを見た感じ、第一話はちょっとこれは、みたない感じもしましたが(おでんがやたら出てくるし)、でも第二話、第三話と、おぉ、これはちょっとはまりそうなドラマだな、という感じの展開です。

でも第四話では視聴率なんと5.8%だったんですね...

■ドラマの感想

第一話、第二話の感想を拾ってみると、だいたい共通するのは以下の様な内容です。

スポンサーリンク

・昼ドラ感がすごい。
・ドロドロだね
・この古臭さは狙ってるのか
・キャスト地味過ぎでない?
・話がサッパリ分からない

昼ドラ感がすごい

まずは昼ドラのような不倫ドラマであること。これは好き嫌いあるので、夜に昼ドラの雰囲気を持ってきた事にどれだけ受け入れられるか見ものです。個人的には別に昼であろうが夜であろうがどちらでも良いですが、誰を対象にドラマを制作しているのか、ちょっと製作陣を小一時間ぐらい問い詰めたい気持ちは無きにしもあらず。
(でも今は録画とかで後で見れたりするので、まぁ良いか、といった感じ)

第六話まで見た中でも個人的な感想は、確かに昼ドラ感がハンパない、というか第六話でちょっと見るに耐えられないぐらいドロドロしてきたな、という感想。話はしっかりわかってますが、ある意味、怖いもの見たさで次回も続けてみてしまうのか...

作りが古い

撮影の見せ方もそう、バックに流れる音楽もそう、全体になんとなく古い!と感じさせる絵作りです。なんどこう見えるんだろう?

これは他のドラマとの差別化を考えてあえて狙っているのでしょうか?

いや~、どうかな~。

キャストが地味

主演は田中麗奈、対する不倫相手の奥さんは若村麻由美。
若村麻由美の演技はこのドラマでは非常に高く、逆に主演の田中麗奈がかなり低い。そういったこともあって、キャストが地味、あってない、などの感想がよく聞かれます。

でもこれ、特に田中麗奈ですが、単なるドロドロした不倫話が中心ではなく、今後更に展開される相手の妻との「奪い、奪われる戦い」を考えて、田中麗奈主演となったと思います。今後の展開に期待ですね。

話が複雑

でも話が一見複雑なんですね、これが。
でもよく見れば単純です。

夫とのその妻、そして不倫の女性(田中麗奈)に妻の愛人。この4人がどうなるか、という話。

不倫が中心な話とは違って、特に妻演じる若村麻由美と、不倫のヒロイン演じる田中麗奈との壮絶バトル。結局はサブタイトルっぽく描かれている「獲るか、獲られるか」が争点です。

■田中麗奈の演技派上手?下手?

そして主演となる田中麗奈。

ドラマの第一話では常務との不倫関係からスタートしますが、不倫関係を解消し、常務の妻から紹介してもらった男性と付き合うことに。

その紹介してもらった男性とは、常務の妻の恋人という関係。つまり、常務はその妻に取り戻されて田中麗奈(西田りか)の負けだったけど、今度は常務の妻の恋人を奪ってやるんだ、というとこで戦いを挑むわけですね。果たしてどうなるか、といった展開です。

第一話の感想をざくっとまとめると、

・田中麗奈では弱すぎ。この役には沢尻エリカが良い。。
・田中麗奈ってこんな演技下手だったんだ
・田中麗奈の心情の棒読みがイマイチ
・田中麗奈、演技下手。
・主役にはちょっとって感じ。
・劇団みたいな喋り方。
・田中麗奈の演技がわざとらしい

結構言われたい放題ですね、田中麗奈さん。

でもこれ、単なるドロドロした不倫ドラマではなく、今後さらに展開される女同士の戦いのお話。不倫に比重が大きければ沢尻エリカもいいでしょうが、話の展開、そして敵対する相手が「若村麻由美」ということからすると、そこは田中麗奈のほうがキャラが噛み合い面白い。

また演技が下手、わざとらしい、というのは不自然さがところどころに見られた、というところだと思いますが、これは確かにその通りか。

でも今まで数々のドラマに映画に活躍してきてる田中麗奈。そんな変な演技はしないはず。これは意図した演技なのか、そうでないのか、ストーリーの複雑さもあり、今後更に注目です。

■その他の方は?

その他の方の評判では、常務の妻「柏木美津子」役の「若村麻由美」。この若村麻由美の演技の評価がとても高い!

ちょっと拾ってみれば、

・なんか憑依してるようなゾクゾク感がある。
・本当に演技がうまい
・どんな役でもハマってる。今回も似合う。
・若村麻由美が飛び抜けてうまい。 主演の田中麗奈が食われまくり

今まで数え切れないほどのドラマをはじめ、舞台や映画に活躍する若村麻由美。このドラマ「美しき罠」でもその演技が光ります。

主演田中麗奈との戦いがますます見ものです。

個人的には、りかの相手「落合 圭一」演じる青柳翔(EXILE)。このドラマでの役どころは若村麻由美の不倫相手であり、主演、田中麗奈と結婚する相手。まっすぐな青年であり、また不倫もするその2面性。根底には不倫を不倫とも思わない真面目過ぎる幼さと素直さをもった役ですが、その演じる青柳翔、いい役者だなー、と思いながら見てたりします。


ドラマはまだまだ続きます。
この複雑な関係がどんな展開となっていくか、ある意味視聴率もホラーな感じですが、いろいろとドキドキしながら見守りましょう。

以上、ドラマ「美しき罠」の感想と、田中麗奈の演技は下手か上手かでした!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでますよ!

-ドラマに学ぶ
-, , , , ,