生き様から学ぶ

福士蒼汰の実家がお金持ちらしい!その場所はどこ!?

2016/11/23

今をひた走る福士蒼汰。

仮面ライダーの事も知らずに受けたオーディションは「仮面ライダーフォーゼ」。
生まれ持った運なのか、はたまたそうなるべくしてそうなったのか、およそ3000人の中から選ばれ、見事、主役の仮面ライダーに変身です。

仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ! [DVD]

by Amazon.co.jp

今では映画にドラマにひっぱりだこの福士蒼汰も、オーディションでは、仮面ライダーを観たことはありません、といってマネージャーを不幸のどん底に突き落としたとかしないとか。

そんな福士蒼汰ですが、なぜか彼の実家の場所を知りたがる人が続出です。
それもそのはず、テレビなどで福士蒼汰が語る彼の実家の様子がとても仲良しで、ついつい羨ましく思えてしまうんですね。

どんな家族だろう → 会ってみたいなぁ~ → 行ってみたいなぁ
→ じゃぁ、実家はどこかな?

と思う人も、福士蒼汰のファンは勿論、一般の視聴者までをもそう思わせる雰囲気を持っています。

どんな話がされているか、ちょっとだけ見てみましょう。

スポンサーリンク

■実家の予想

さて、色々語られている実家の様子。断片的な情報ですが、出ている情報から実家がどのあたりと言われているか、ちょっとご紹介です。

その1)中学は大田区立出雲中学校

中学は、大田区の出雲中学校。まずここから、実家は大田区にあるのでしょう、と言われています。

その2)高校は都立目黒高校

卒業した高校は、目黒高校。高校は同級生が絶対行かない場所を選んだ、と言われてますが、目黒区は大田区のお隣。中学の情報もあわせて、実家は大田区でしょう、と言われています。

ちなみに、目黒高校のホームページからすると、最寄り駅は東急東横線の祐天寺駅(徒歩3分)

その3)次の停車駅はつつじヶ丘

情熱大陸、という番組に出た折に、番組中、電車で撮影現場い行くシーンがあり、車内のアナウンスで「次の停車駅はつつじヶ丘」と言っています。

そうすると、乗っていた電車は京王線。撮影現場位に向かっているとすると、家の方から都内に向かう方向であり、その中で「次はつつじが丘」、ということは乗った駅は調布駅か。

ということは、実家は調布あたりなのか、と言われています。

その4)八王子と言う人もいる

情熱大陸から推測される京王線。京王線、と聞けば、あ、じゃぁ八王子?と単純な推測から来たものですね。

結論としては調布なのか?

結局の所、実家はここ!、とまではいかないにしても、大田区か、調布、というところに落ち着きます。
(八王子は、脊髄反射的な推測なので落選)

元々は大田区に住んでいた、と言う線が濃厚ですが、その後父親の仕事の都合かなにかで調布に引っ越しした、ということも考えられるため、ネット上では大田区だ、調布だ、という話しが良くされます。

でも東京の交通網を考えれば、元々大田区に住んでいたところへ調布に引っ越す、というのはよほどの事情がないと可能性は薄いんじゃないかな~と独り言。

ということから、結論としては
実家は、八王子でも調布ではなく、大田区の一択!

お金持ち?

実家が調布、といった噂からくるお金持ち!というイメージもありますが、福士蒼汰の語る家庭像からは、普通のご家庭、という感じします。

大きなお世話ですが、皆それぞれが働いて、皆がお互いを支え合いながら暮らしている良い家庭、というイメージですね。

スポンサーリンク

■どんなご家庭だろう

では福士蒼汰の語る家族、どんなご家庭か、ちょっと見てみましょう。

福士蒼汰の語る家族

福士蒼汰がテレビなどで語る家族、そして一般に知られている情報を簡単に並べてみると、

  • 5人家族
    • 父、母、二人の姉、そして末っ子の福士蒼汰。
    • 可愛がられて育った。甘えん坊。
    • いつも家族を思い出すと語ります。
    • 反抗期もなく、素直に育つ。
    • 今も実家暮らし。
    • 平穏で暖かそうな家族。
  • ユーモアのある優しい父。でも一度だけ怒られた
    • 優しくて楽しい父。
    • でも父には一度だけ、姉にパンチして鼻血がでて怒られた。
    • その時言われたのが、女性に絶対手を出すな。
  • 母の作るカラ揚げが世界一おいしい
    • 母の作るから揚げが世界一と語る。
    • 母の作るごはんなどが自慢できる息子というのは、親子関係がとても良好に見えます。
    • 仕事に出かける時は、いつも母が見送ってくれる。
    • ドアが閉まる瞬間、思うこと。死にたくない、生きていたい。
  • 長女は5歳年上、次女は4歳年上
    • 福士蒼汰は1993年5月30日生まれの24歳。
    • ということから長女は29歳、次女は28歳でしょうか
  • 姉はバレエを習っていた
    • これは近所の人からの情報みたい。
    • 子供が同じバレエ教室に通い、発表会で福士蒼汰の姉の服をかりるとかで嬉しい、といった情報。
    • そこから、姉はバレエを習ってたと言われています。
  • テレビは一家に一台。チャンネル権は姉。
    • お姉さん強し!
  • 日曜日はご飯デー
    • 日曜日は家族でそろって食事に出かける日。
    • 家族そろって何かをやるのは仲のよい証拠。
  • 家族といるときがリラックスタイム
    • こういってはばからない福士蒼汰。よほど居心地がいいんですね。

仲の良い親子関係、姉弟関係。
福士蒼汰は、まだ何も返せてない、何も達成できてない、このままじゃいけない、
と語ります。

それだけ家族に対する思いが強いんですね。

福士蒼汰カレンダー 2013 ([カレンダー])

by Amazon.co.jp

■反抗期はなかった

ちょっと気になったのが福士蒼汰には「反抗期がなかった」と言っている点。

一般的に見れば、反抗期がなかった、という人は多いです。でも、反抗期がない人は何か問題がある、または何か今後に問題が出てくる、という人もいたりして、実際はどうなんでしょう?

・反抗期が無い、のはどんな場合?

反抗期がない場合では、よく言われるのが以下の2つのパターンです。

  • 1.反抗したいけど出来ないパターン
    親が暴力などで押さえつけ、反抗させない
  • 2.反抗する理由がないパターン
    子供が自分でやってしまうので、親は特に何も言う必要がなくて摩擦が生まれない

ここでそもそも反抗期、って何か見てみると...

・そもそも反抗期の理由って?

どんな子供も親の事が大好き。でもいつかは巣立っていくもの。そんな子供が自立するためには、反抗することで本当は好きなんだけど親を嫌い、そして親から離れて自立します。嫌わないと、別れが辛すぎるんですね。

嫌う、というより、本当は好きな所、嫌う努力をする、というのが反抗期。

・反抗期がない、というのも問題ない場合

反抗期がない、でも問題ない、という場合は...

反抗期がない、ということは子供が親を嫌わない、子供が親から離れて行かない、ので、逆に親が子供から離れ距離を取ってあげるパターン。

子供の事を一人の独立した人間として扱い、お互いを尊重する関係を作ることで、親子の間で適切な距離が保たれ、子供も自立できるし、反抗する意味もなくなります。

・反抗期がない、というものが悪く影響する場合

逆に、反抗期がない、反抗期がなかった、がために子供に悪く影響する場合としては、子供が反抗したくても反抗できない状況にあること。

大好きな親に反抗する、ということは、裏を返せば、そうしても親は自分を見捨てない、愛してくれている、という子供自身の自信のあらわれ。

でも親が大変な状況にあって、子供ながらにここで反抗したら親がもっとつらくなる、不幸になる、と思うと、反抗したくても反抗できなくなる場合があります。

結果として、親の顔色ばかりをうかがうようになってしまったり、抑圧された感情が大人になって爆発してしまったり、あらぬ方向に抑圧された感情が向かってしまったり、と悪い影響が出てしまう場合があるんですね。

・福士蒼汰の場合は?

こうしてみると、福士蒼汰の「反抗期はなかった」というのは、いわゆる手のかからない子、自分でいろいろと自らやってしまう子供だった、と思えますし、親もそんな子供を理解して、ちょっと距離を置きつつ大人の付き合いをして来た、という感じがします。

姉の二人は反抗期に親に反抗したのかどうかは分かりませんが、今でも仲の良いご家族、姉弟関係ということから考えると、もしかしたら福士蒼汰は姉が親に反抗する姿をあまり見ずに成長したのではないでしょうか。

父がユーモアがある、といっているところから、きっと冗談も良く飛び交う、明るくて大人としてお互いを尊重する仲の良い家族、と言えるかと思います。

家族あっての福士蒼汰。

朝は自分で中々起きられないようですが、これからも自分のため、ひいては家族のために、ガンガン活躍するのでしょう。

ファンも嬉しい限りですね。

果てしない階段

 

「果てしない階段が続いていく」

福士蒼汰は、今の自分の置かれた状況をそう言います。

その階段は終わらない。最上階はないと思う、いろんな道具さがして、どうやったらもっと見晴らしいの良いところに行けるか、考えている途中なのかも、と。

来年、再来年、そして、10年後、20年後の景色はどのように見えているでしょうか?

今後の活躍を更に更に見てみたい俳優さんですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでますよ!

-生き様から学ぶ
-, ,