生き様から学ぶ

東尾理子の子供は障害と言われた理由は何?不妊の原因は語られたのか?

2015/02/04

プロゴルファーでありタレントの東尾理子。

夫は言わずと知れた俳優の石田純一。2012年の第一子誕生は大いに世間を賑わしました。

子供を授かるために不妊治療をはじめ、ブログでも細かく報告。その内容は同じ悩みを抱える人達にとっては貴重な情報の1つとなる一方、デリケートな問題だけに、あらぬ批判を受ける結果にもつながってます。

ここではそんな東尾理子の、子供がダウン症などの障害がある、と言われた話と、不妊の原因などについてどう語られているか、などを一緒に見てみましょう。

スポンサーリンク

■プロフィール

  • 東尾 理子(ひがしの りこ)
  • 生年月日 1975年11月18日(42歳)
  • 出身 福岡県福岡市
  • 身長 160cm
  • 血液型 A型

女性プロゴルファーでありタレントの東尾理子。

2009年に俳優、石田純一と結婚。2012年11月5日には第一子、男の子、理汰郎くんを授かりました。

ちなみに「理汰郎」は東尾理子の「理」と石田純一の本名(石田太郎)からの「太郎」をあわせた名前。

「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記

by Amazon.co.jp

■ダウン症と言われた訳は?

石田純一、東尾理子夫妻のお子さんはダウン症、という話が随分されてます。ネット上では今でもそうかもしれません。

ダウン症と言われる理由

芸能界のお子さんは、有名なところでは木村拓哉、市川海老蔵などのお子さんがそうであるように、テレビなど公の場に出てこないという理由だけで「ダウン症だ!」と心ない噂が立ったりします。

誤解は誤解なんですが、この石田純一、東尾理子夫妻に限ってはその理由も結構明確。というのも妊娠中の検査で

  • 何種類かあるうちの1つに陽性反応がでた、それがダウン症候群だった

ということをブログで報告(記事:クアトロテスト検査 2012-06-03 )したからなんですね。

なんでも話をしてしまう石田純一夫妻。その報告では「検査の結果、確率は82分の1、そして羊水染色体分析をすれば、100%の結果が分かる」ことを医師に告げられたそうです。

ただ、石田純一、東尾理子夫妻は、夫婦で話し合った結果、羊水染色体分析の検査は受けませんでした。それまで大変だった不妊治療、その後に授かった大切な命。二人は「どんなにユニークでも私達を選んでくれた大切な我が子だから」と決意したということです。

検査結果の1つの要因としては高齢出産(当時36歳)だったというのもあるでしょう。検査を受けなかったことに対して当時大きな話題になったようですが、受けるべきかどうするかは、やはり正解はありません。

ダウン症ではありませんでした

そして2012年11月5日、無事赤ちゃんを出産。ブログ(誕生 2012-11-06)では赤ちゃんの写真とともに今度ともよろしく、と語られてます。

そして結果としてはダウン症ではありませんでした。妊娠以前から、妊娠後、そして出産後も大きな話題を振りまいている東尾理子さんですが、母子ともに健康なことがなによりでした。

こんな経緯があってダウン症と言われたりするんですね。

ダウン症に対する姿勢

この事があってから、ダウン症候群に対しては色々と考えさせられるようで、最近では(といっても2014年時点の記事ですが)、日本ダウン症協会の人と話をしたり、ラブジャンクス(ダウン症のある方のための世界で初めての本格的なエンタテイメントスクールとして活動している団体)の発表会に行ったりしている、という話もされてますね。

「ラブジャンクス」については、以下を参照してみてみださい。

スポンサーリンク

世界へ「パワー」をとどける、ラブジャンクス

2015-02-03_221333ラブジャンクスのサイトを見てみる!

叩かれる理由もそれぞれありますが、少なくとも関心を持ち、行動されていることに対しては、誰もとやかくいうことはできませんね。

心のバリアフリーを目指して。

一般の人たちに見て欲しいのは、誰もがそうであるように、「ダウン症の人々にも、夢や、志や、希望や必要、好き嫌いがある」と言うことで、これらの写真は、見る人に、「症状ではなく人を見る」ことを求めるものです。

~ラブジャンクスの発表会より~

■不妊の原因はなんだったのか?

不妊の原因は今のところ本人からは語られてない以上、分からない状態です。非常にデリケートな問題のため、深い詮索は勿論無用。

ブログで報告されて事実だけを少し眺めてみると...

ブログの記事、TGP生活(2011-06-14 )で語られていることには以下があります。

  • 子供がほしいね、などと言い始めて2年がたった
  • 周りの人にこどもまだぁ?と言われつつ産婦人科系の病院に通って1年
  • そして今度不妊治療専門の病院へ行くことに

不妊治療専門の病院は、噂では松たか子など有名人も通ったとされる加藤レディスクリニック(KLC)。

ブログの中では、判定結果は…(2011-08-06 )において、第一回目の体外受精の結果がダメだったことも報告されてますが、でもそれは、また次にチャレンジだ!、TGP生活頑張るぞ!というとても前向きなものでした。

また、こちらのお返事(^-^)/(2012-08-01 )の記事では、読者からの声に返事が書かれてますが、これ以外にも色々と読んでる中では、印象としては特に原因は特定されてないのでは。それよりも希望に向かってできることにチャレンジだ!という感じの方ですね。

TGPって何?

ちなみにこの「TGP」。東野理子さんが作った言葉で「Trying to Get Pregnant」(妊娠に向かって頑張る!みたいな意味)。こういうあたり、自身ももタレントであり、石田純一が夫だけあるな、と思います。

この言葉、言いやすいは言いやすいんですけど、今思えばTTP(最近あまり聞かなくなった世界経済の言葉)とか似たような言葉もあったりして、一般の方には広まったのかな?

第二子にチャレンジ!

最後にですが、実は東尾理子さん。40歳を前にして第二子に向かってTGP再開してるの知ってました?

再開宣言はこちらのブログの記事(TGP再開なり(*^_^*))になりますが、現在もブログで逐次報告されてます。

さて、いつまた驚きのニュースが回るでしょうか。心配もありますが楽しみです。

●まとめ

  • ダウン症と言われたわけは、妊娠中の検査の結果にあった。
  • 実際はダウン症ではない
  • 不妊の原因は語られていない
  • それよりも出来ることにチャレンジしよう!という前向きな方だった
  • 実は第二子に向けてチャレンジ再開されていた

以上、東尾理子の子供は障害と言われた理由は何?不妊の原因は語られたのか?でした!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでますよ!

-生き様から学ぶ
-, , , , , ,