ドラマに学ぶ

柴咲コウのドラマ「〇〇妻」(まるまるづま)の秘密は「契約妻」。意味するところは何か?

2015/01/19

ドラマ「〇〇妻」(まるまるづま)。

2015年1月スタートの水曜夜10時放送、主演「柴咲コウ」が演じる妻と「東山紀之」が演じるニュースキャスターの夫婦が主人公のドラマです。あの超人的視聴率(最終回で40%)をたたきだした「家政婦のミタ」に続く、遊川和彦脚本によるオリジナル作品!

2015-01-15_173449公式サイトはこちらをクリック!

初回の視聴率14。4%と良いスタートを切り、「〇〇妻」とは何を意味しているのかも第一話から「契約妻」と明かされ、これから更に秘密が展開されて行きそうな勢いです。

これはドキドキしながら見ていくことになる展開に、毎回とても楽しみになりそうですね。

スポンサーリンク

ではここでは、秘密の核心「契約妻」の内容や、今後のストーリー予想などを見て行きましょう。

■ドラマ「〇〇妻」概要

  • 放送時間 水曜22:00 - 23:00(60分)
  • 放送期間 2015年1月14日 - 3月(予定)
  • 制作局 日本テレビ
  • 脚本 遊川和彦
  • 主な出演者
    • 柴咲コウ
    • 東山紀之
    • 黒木瞳
  • エンディング 椎名林檎「至上の人生」
  • 外部リンク 公式サイト

柴咲コウはこのドラマで連続ドラマの初主演!

嫁入りの写真なのに水引が紅白の「蝶結び」(花結び)なのがバランスが微妙で面白い。

■〇〇妻は契約妻

主人公は東山紀之と柴咲コウ演じる夫婦。夫である久保田正純(東山紀之)は人気のニュースキャスターです。

率直な自分の意見をズバッということで人気を博している夫、でもその視聴率も下がり始めて、さぁどうなる、といった状況に追い込まれます。

そんな夫をしっかりと支える妻「ひかり」(柴咲コウ)。夫の番組はしっかりチェックし、アドバイスを毎日送ったり、夫の全てを完璧にサポートする見事なまでの(男性目線での)理想の妻を演じます。

誰から見ても理想のこの夫婦、番組のタイトルにもなっている「〇〇」といった秘密がありました。そう、それが「契約」です。

この夫婦、実際の夫婦ではなく契約で結ばれていたんですね。理由は妻ひかりの「いつまでも新鮮な気持ちを保ちたい」という気持ちから。

ということから〇〇妻は「契約妻」。

さてその契約はといえば、

■契約内容

「契約妻」の契約として今回の契約更新での内容は、

  • 契約更新は3年
  • 夫のいうことに従う
  • 子供はつくらない。浮気はOK.
  • 互いの家族には干渉しない
  • 夫の給料の20%を契約金として支給(義母と暮らすことになるので追加事項)

さぁ、どうでしょう?
1つ1つ見てみると、色々と疑問が湧いてきます。

1.契約更新

3年毎の契約更新となってますが、例えばアパートなどの住む場所の賃貸契約は通常2年。

3年という数字は、労働契約に見られる期間ですね。契約妻として働く、という労働契約で3年ということでしょうか。

2.夫のいうことに従う

夫の言うことに従って業務を行う、ということですが、契約妻としては、これは基本であって、特に疑問はなさそう、と思いつつも「いつまでも新鮮な気持ちを保ちたい」という妻ひかりの気持ちと、この「夫のいうことに従う」は、ちょっと違うんじゃないかな、と思ってみたりもします。

3.こどもはつくらない、浮気はOK

スポンサーリンク

こどもはつくらない、とあります。夜の生活を否定するものではありませんので、契約妻として普通の夫婦生活はするものの、契約更新時にある種余計な判断材料となる要因は持たない、つまり子供は作らない、ということでしょうか。

そんなところから浮気もOKとなりますが、これで何年も夫婦として同じ家で一緒に過ごすには、かなり無理がありそうな気がするのは私だけ?

そもそも「いつまでも新鮮な気持ちを保ちたい」とは大きくずれていく内容のような...

4.互いの家族には干渉しない

契約している夫婦である以上、これはごもっとも。

子供を作らない、と同じように、契約に対して何か影響をおよぼすような要因は排除する、というところですね。

5.夫は給料の20%を契約金として支給

さて今回追加されたこの項目。「契約金」として給料をこの項目で規定しています。これはいろいろな事情から、夫の母、つまり義母を引き取り一緒に暮らすことになったから。

しかも20%といった、夫の給料に対する割合で決めている、ということは、夫が出世などして給料があがれば、妻の給料も自ずと上がる。勿論夫の給料が下がれば、妻の給料も下がる、ということから、何が何でも夫をサポートして給料が上がっていくようにしていかないといけない、といったこの契約の本質をつくような項目です。

世間でよく言われる専業主婦の日々の労働をお金で換算するといくら!みたいなことを地で行くような内容。

でも20%ってどのくらいの金額なんでしょう?

夫が年収1000万として200万。月で換算すれば、16万~17万/月といった額でしょうか。

・専業主婦の年収換算

ちなみに内閣府が2013年に報告したところ、一人あたりの年収は1人当たりの年収は約192万8000円換算となったとか。
(参考:【ライブドアニュース】主婦の家事 単純労働と高度労働考慮したら年収1200万円換算

それからすると、夫の年収1000万とした時の20%の200万は、金額だけ見ればまぁ妥当というところ。でもこの前提は夫の給料が手取りで月1000万。高給取りなんですね。

更にびっくりするのが、この報告に関連して米国の求人・求職情報提供会社「salary.com」が試算した金額は、なんと専業主婦の労働は一年で1200万に相当する、といったもの。(これ、あくまで仕事として外部に依頼したとして換算した金額です。もちろん依頼してやってくれる人には、その額の1/3とかが給料として支払われるわけで、1/3として実質換算400万とかいう数字になるんでしょうか)

男性からすれば、主婦はやること盛りだくさんというのは分かっているものの「責任を果たしてお金を他から取ってくる」、といったプレッシャーがない分、気楽でいいな、と見られがち。

計算の前提も曖昧で、夫の年収をゆうに上回る数字を出してどうしようっていう話ですが、要するに主婦はもっと評価されるべき、といったところですね。

■プロポーズ

さて、話を戻せばこの夫婦、最初に契約から始まり、そして3年後の契約更新を行って6年を一緒に夫婦として過ごしてきた二人。

いよいよ2度めの契約更新ですが、第二話では夫の正純(東山紀之)は契約拒否して、本当の夫婦になりたい!とプロポーズします。

プロポーズされた「ひかり」(柴咲コウ)は、「6年間ありがとうございました」とあっさり拒否して家を出る、といった展開ですが、そんな「ひかり」の過去を知る千春(黒木瞳)に帰ってくるよう説得して!と依頼する夫の正純。

この千春、「ひかり」の母という設定というのをどこかで見かけましたが、そうであっても関係は複雑そう。

そして家を出たひかりから夫である正純にメールが来て会いに行くと、ひかりは「意外なこと」を口にするそうです。

果たしてその意外なこととは何でしょう?

■今後の展開(第二話以降)

第一話でいきなり「〇〇妻」は「契約妻」と明かされましたが、これほど早く明かされたってことは、まだまだ他にも秘密が隠されてるってことですね。

でもこれ、話が進むごとに「〇〇」の内容も変化し、最終話では「理想」とか「反逆」とかの文字が入ることになってたりすることは十分考えられます。そこがこのドラマの醍醐味なんですね。

さて、夫である正純にひかりがいう「意外なこと」口とは何か。

これらは多分契約と異なったり反すること、というところだと思いますが、契約期間を3年ではなく、10年とか、定年までに、といった長期契約にするとか、結婚という形をとっても良いが、子供は作らないのが大前提、とか、ある程度展開が読めそうな流れでしょうか。

それとも予告編に少し見られるような「別の誰かと契約しようとしてる」といった少し斜め上の展開か(ストーリー的にはこれは話として出てきても実際別の人と、ということはないでしょう)、「病気」という話もでてますので、病気のために結婚はしたくてもできない!子供つくりたくてもできない!という別の要因が大きくクローズアップされることになるのか。

いや~、第二話以降、楽しみです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでますよ!

-ドラマに学ぶ
-, , , ,