生き様から学ぶ

吉瀬美智子の旦那は田中健彦?吉瀬ファンでラーメンの会社は何でしょう?噂の本の内容は?

2016/11/23

遅咲きの代名詞、今も輝く女優、吉瀬美智子。

個人的にもとても印象に残っているドラマ『LIAR GAME』の頭脳明晰事務局員などで注目され、嬉しい映画初主演は2010年の『死刑台のエレベーター』。

テレビ朝日系木曜ドラマ「ハガネの女 season2 オリジナルサウンドトラック」

by Amazon.co.jp

同じ年の12月25日には10歳年上の実業家の男性と結婚したことを発表し、2013年7月17日には女のお子さんを授かりました。

産後とは思えない、素晴らしいスタイルで復帰後は人気ドラマの「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」と刺激的。

意外なのは極度の潔癖症。
マイペースな性格も相まって、自宅でのんびりするのが好きだとか。でも趣味は釣りやゴルフなどアウトドア、ときますから、面白い二面性を持つ女優さん。

2014年9月には「幸転力」と名の本を出版します。

そんな吉瀬美智子の旦那さんもラーメンと関係があるとかで、ここでは旦那さんのことや本の事などあわせて見てみましょう。

スポンサーリンク

まずは少しプロフィールを見てみると...

■プロフィール

  • 吉瀬美智子(きちせ・みちこ)
  • 生年月日 1975年2月17日(43歳) みずがめ座
  • 生まれ 福岡県朝倉郡杷木町(現朝倉市)
  • 福岡県私立博多女子高校卒業
  • 身長 167 cm
  • A型
  • 職業 女優(元ファッションモデル)
  • 公式サイト Michiko KICHISE

元々モデルの吉瀬美智子。
高校卒業後にしていた喫茶店のアルバイト中にスカウトされモデルの仕事を開始です。芸名は「小雪」さん。(このまま使ってたら色々名前がかぶりそう)

その後20歳で上京しファッション雑誌『Domani』の専属モデル。本格的に女優に転身は30代に入ってからなんですね。遅咲きと言われる所以です。

■吉瀬美智子の旦那さん

そして吉瀬美智子の旦那さん。

旦那さんは10歳年上で吉瀬美智子が女優としてブレイクする以前からお付き合い。2010年にめでたくご結婚となりますが当時吉瀬美智子は35歳、ということは旦那さんは当時45歳です。

年齢的には遅めの結婚、となりますが、お子さんはその3年後に授かったことから、出産は38歳の時。高齢出産でかなり気を使ったでしょう。

その旦那さんは田中健彦と言われ、東京都にあるラーメンチェーン店「光麺」グループを運営している「マリファック」の創業者。

元々は調理学校卒業後にフランスでフレンチの修行。その後帰国してフレンチのお店を開店、と思いきや参入したのはラーメン業界。フランスから帰国し、日本のラーメン市場がどう映ったのかが興味深いですね。

ラーメンチェーン店の「光麺」は既に他の方に任せ、自分は更に色々と事業展開してるようですが、年商は20億とも言われますから物凄い。

身長は180cm、古田新太やバナナマンの日村勇紀、板尾釧路にも似ているといったお顔立ち。一見怖そうだけど、つっつくと優しそうな、そんな感じの方でしょうか。

柳に風 (新潮文庫)

by Amazon.co.jp

・出会いはブレイク以前から

出会いは吉瀬美智子がまだ「Domani」の専属モデルだった頃に遡ります。

吉瀬美智子の大ファンだった田中健彦、幸いなことに知人を介してお知り合いになれたとか。
(簡単に会えたのか、もう手当たり次第につてを辿ったのかは分かりません。多分後者かな?^-^;))

もう吉瀬美智子のためならゴミ出しでも何でもやっちゃうぞ、と吉瀬美智子のお宅に通ったエピソードもあるほどで、思い立ったら一直線。事業で成功する人はこうでなくっちゃいけません。

その一途さ、誠実さに吉瀬美智子もきっと心が癒されたのでしょう。めでたくご結婚されて良かったですね。

「光麺」とは中国・広州の言葉で「無、素麺」を意味する。

「余計なものが何もない本物の麺」を表す。その言葉、その思いを胸に1995年光麺の歴史は幕を開けた。

■吉瀬美智子 本 内容

本格的に女優に転身は30代に入ってから。遅咲きと言われる吉瀬美智子ですが、2014年9月下旬に一冊の本を出版します。その名も幸せ転じる「幸転力」。

幸転力

by Amazon.co.jp

吉瀬美智子が初めて綴るエッセイで、彼女の生い立ちからデビュー、そして出産まで半生を綴り、母との確執、グレてしまった時期、そして出産を経てはじめて育児の大変さ、母がいかに自分を大切に育ててくれたかが分かり母親と和解する、といった正に自身の今までの人生を事細かに書いた一冊。

その経験を通し、どんなことでも自分の感じ方次第で幸せに転じることが出来る、それが私が大切にしたいもの、という内容を書いた、いわば人生の指南書がこの本です。

・本を書いた動機

吉瀬美智子がなぜこのエッセイを書いたのか。

それは、出産を経験して何かを残したい、仮に自分が亡くなってもママはこういう生き方をしたんだって残せるから。

そんな思いから、だからこそ、生い立ちから出産まで正に赤裸々に語る本。読む人から見れば節目節目での彼女の決断にとても驚かされるようですね。

・読者の反響は?

アマゾンのレビューを見てみれば、

なぜ今彼女が輝いているのかよくわかる。
親子関係、旦那との馴れ初め、結婚、不妊治療、帝王切開、今後と、自身の言葉で書いている事が胸に響く。

文章も丁寧でとても読みやすい。
同世代はもちろん、これから結婚・出産を迎える女性にも読んで欲しい。
男性にもためになる本。

優しい笑顔の中にある強い意志にびっくり。
ここまでの成功はラッキーではなく、彼女の日々の潔い判断基準で出来ていると強く確信した。
幸せな人生を送るヒントが見つかる。

自分も頑張ろう!と前向きになれる。
「幸も不幸も感じ方しだい」でチャンスが来るんだと勇気をもらえる

などなど、単なるエッセイを超えた、正に人生の指南書的な本ですね。

・読んでみたいと思わせる本

普段はテレビを通して表面しか見れない、見せない女優。

でもその内側にはどんな思いを秘め、どこに向かおうとしているのか、吉瀬美智子ファンのみならず、幅広い層にお勧めできそうです。

・幸せに転じる力「幸転力」

心の持ち方次第ですべて幸せに転じる力「幸転力」。

私ってダメなんよね、とか、中々前向きにはなれないだなぁ、などと思っているあなた。

色々な経験の中から今なお輝く女優が書いた初めてのエッセイ。一度手に取り、“今”を好転させる47の心習慣で幸せに転じてみませんか?

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでますよ!

-生き様から学ぶ
-, , ,